BLOG

1月27日(水) 小中合同ロードレース大会

 

1月27日(水)、小中合同のロードレースが開催されました。

 

大会当日までは、わかめ班を作り、3回にわたって合同練習を行いました。

(わかめ班…小学校1年生から中学校3年生までの縦割り班)

 合同練習では、中学校の生徒が小学校低学年の児童と一緒に走ったり、班ごとに整理運動をしたりしました。

 

 

大会当日は、天候にも恵まれ無事開催することができました。

小学1年生から中学校3年生まで順に競技を行いました。競技中は、小学生・中学生ともに声を張り上げ応援している姿が印象的でした。終盤に坂道がある難コースでしたが、走っている児童生徒は、まわりの声援もあり、それぞれが最後まで一生懸命に走っていました。

 

  

 

すべての競技が終了したあと閉会式があり、そのあと各班に分かれて解散式を行いました。小学生には、班長よりメダルの授与があり、笑顔が見られました。

 

 

最後に、保護者のみなさまにおかれましては、お忙しい中、子どもたちの応援に駆けつけていただき誠にありがとうございました。

また、コロナウィルス感染症対策の影響で応援者を限定したため、応援に参加できなかった島民のみなさまには、大変申し訳なく思っているところです。併せて、競技中の道路通行についてご協力いただき誠にありがとうございました。

 

2021年01月27日

1月25日(月)食育講話

 

 小学校の近藤先生による食育講話が行われました。

 コロナウィルス感染症対策のため各学年別室で行いましたが、Zoom(遠隔通信ソフト)で交信をしながら、全学年一緒に行いました。また、随所でロイロノートを活用し、学習内容の共有・意見交換を行い、効果的な学習をすることができました。

 

 

 

 講話内容は、前半「給食室に関すること」、後半「朝食に関すること」でした。

 前半では、毎日の給食を作ってくださる方々の紹介や普段見ることができない給食室の様子、使っている道具などをクイズ形式で楽しく学ぶことができました。また、前半最後には、給食を作る前準備や工程を動画で確認することができ、さらに理解を深めることができました。

 

 

 

 後半では、朝食をしっかり食べることの大切さを学びました。5大栄養素の働きと体の影響などを確認しました。また、食習慣を身につけるための改善策を全校生徒で考え共有をしました。

 

 食育講話を通して、食に関する知識や大切さ、給食調理員さんへの感謝の気持ちを感じることができました。今回、講話をしていただいた近藤先生、誠にありがとうございました。

 

 

2021年01月25日

1月8日(金) 生徒会役員任引継式

 

 12月3日に行われた生徒会役員選挙の結果を受け、新生徒会役員の任命式が行われました。全員引き締まった表情で校長先生より任命状を受け取っていました。

  

 

 次に引継式が「旧生徒会役員及び3年生」と「新生徒会役員及び1・2年生」が向かい合う形で行われました。

 旧生徒会役員1人1人が、1年間を振り返っての反省や感想を話しました。そこには、新生徒会役員及び在校生への熱い思いや期待が込められていました。

次に旧生徒会長から新生徒会長へ校旗がしっかりと受け渡され、小値賀中学校の伝統が引き継がれました。

新生徒会役員は、これからの小値賀中学校の未来を見据えて決意を表しました。先輩から受け継がれた素晴らしい伝統を継承して頑張ってほしいと思います。

 

 

 旧役員のみなさん、コロナ禍で満足な取組ができず、苦労したところもあったと思いますが、できることから地道に取組を続けてくれました。1年間本当にお疲れ様でした。

 

2021年01月08日

1月8日(金) 3学期始業式

 

 最初に校長先生の話がありました。内容は、競泳の池江璃花子選手が白血病という大変な病気になりながらも弱音を吐かず前向きに目標に向かって取り組んでいることに触れ、小値賀中学校生徒も苦しいことや辛いことがあっても、諦めないで自分を信じて頑張れば乗り越えられないものはないので、前向きに目標に向かって取り組んでくださいという話でした。また、以下の3点について力を入れて頑張るようにという話がありました。

・1年間の総まとめをすること

・次の学年に向けての準備をすること

・自ら率先して明るく大きな声であいさつや返事をすること、卒業式に向けて心を込めて歌を歌うこと

  

 

 次に、各学年の代表生徒が3学期の抱負を発表しました。

 それぞれの学年に応じた素晴らしい目標でした。その目標を達成するために努力し、大きく成長してほしいと思います。

 

2021年01月08日

12月22日(火) アンサンブルコンテスト & ソロコンテスト 激励式

本日、標題のとおり吹奏楽部への激励式を行いました。

 

最初に、部長より決意表明がありました。

やさしい語り口ではありましたが、心に秘めた闘志を感じました。

 

 

次に、応援団よりエールが送られました。

とても気合が入っており、吹奏楽部のみなさんの心に響く素晴らしいものでした。

 

 

アンサンブルコンテストは、12月26日(土)、

ソロコンテストは、12月28日(月)に実施されます。

本年度、最初で最後の大会になりますが、練習の成果を発揮して頑張ってきてほしいと思います。

 

2020年12月22日

12月22日(火) 2学期終業式

本日、2学期の終業式が行われました。

 

校長先生より、「2学期の振り返り」と「あいさつ」についてのお話がありました。

各学年の成長が見られた反面、課題もあるので意識していきましょうという内容でした。

 

各学年の代表が2学期の反省を行いました。

それぞれの代表者が2学期の課題をもとにしっかりとした目標を設定しており、3学期の行動・変化が楽しみな内容でした。

  

 

2学期は、中高合同体育祭、市中体駅伝大会、学習発表会、郷土料理教室など多くの活動を行いました。これらの活動をとおして大きく成長してくれたことと思います。

 

保護者・地域のみなさまにおかれましては、学校教育活動にご協力いただきありがとうございました。3学期も引き続きよろしくお願いいたします。

 

2020年12月22日

12月4日(金) 歯科保健講和

本日、歯科保健講話が実施されました。

「歯の健康」や「咀嚼(そしゃく)」について学びました。

 

「歯の健康」についての話では、

 歯の役割や虫歯の原因、予防法など口内の健康について説明していただき、最後はクイズ形式で楽しく学ぶことができました。

「咀嚼(そしゃく)」についての話では、

 グミの咀嚼(そしゃく)を規定回数行い、グミをかみ砕いた程度で咀嚼(そしゃく)の力を判断する試験を行いました。

 

歯科保健について様々なことを学ぶことができました。

また、歯・口の健康の大切さを改めて実感することができました。

 

今回、ご講話いただいた小値賀町健康管理センターの保健師様、誠にありがとうございました。

 

2020年12月04日

12月1日(火) 人権学習会

前期・中期・後期で分かれて行う「人権学習会」が12月1日に行われました。

 

前期(小学校1年~4年)

前期のねらいは「自分の個性や友達の個性を大切に思い、お互いのよさを生かし、助け合い、支え合おうとする心情や態度を育てる」です。最初は、1年生から3年生まで学年ごとに人権についての発表と人権メッセージを行いました。4年生は「みんな違ってみんないい」のテーマをもとに十二支の楽しい劇を発表しました。そして「なべなべ底抜け」を、ペア、わかめ班、全員で行うことで力を合わせることの大切さを学びました。最後に「ビリーブ」を合唱し、体育館全体が美しい歌声に包まれました。

 

中期(小学校5年~中学校1年)

 中期のねらいは「SNSやインターネットによる人権侵害について理解を深め、インターネット等の活用と人権について考える社会作りを実現しようとする意欲と態度を育てる。」です。最初は、表情リレーを行い、表情だけで情報を伝える難しさを学びました。グループワークでは、SNSやLINE等で使われるスタンプに吹き出しをつけたり、文字情報だけで与える印象について話し合ったりしました。全体を通して相手を思いやるコミュニケーションの大切さ等を学びました。

 

 

後期(中学校2年~高校3年)

 後期のねらいは「自己肯定感を高めるとともに、互いの良さを認め合うことで、他者理解を促進し、人間関係を深める態度を育てる」です。新型コロナウィルス感染症を題材にして、「ウィルスがもたらす3つの側面(病気、差別、不安)のつながり」や「感染症の防ぐための方法」についてグループに分かれて話し合いを行いました。偏見や差別につながる考え方や行動に気づき、差別を生まない社会に必要なことが何かを考えるいい機会になりました。

 

 

2020年12月01日

11月27日(金) がん教育講演会

本日、がん教育講演会が実施されました。

「がんを正しく知ること」や「がんを予防する方法」について学びました。

 

「がんを正しく知ること」についての話では、

がんの罹患率、がんで亡くなる割合が男女とも非常に高く、誰にでも起こりうる病気だとわかりました。

「がんを予防する方法」についての話では、

 禁煙・禁酒・食生活・運動など生活習慣を改善することでリスクは大きく減少することがわかりました。

 また、がん検診受診率が10%前後と非常に低く、その現状に驚きました。

 

今回の講演会を受け子どもたちの感想には、

「定期的に検診を受けることの大切さを知り、普段の生活の中で取り組めることがたくさんあると分かった。」

「長崎県のがん年齢調整罹患率が全国ワースト1という事実を知って、がんが身近に感じられました。」

「身近な人とがんについて話して、もっとがんへの理解を深めていきたいです。」

などがんに関する理解が深まっていました。

 

今回、ご講演いただいた上五島保健所の所長様、誠にありがとうございました。

 

2020年11月27日

11月16日(月) 美術オンラインワークショップ

本日、美術の授業においてオンラインワークショップを実施しました。

地域コーディネータを中心とした取り組みです。

小値賀中学校と南島原市の講師、オランダの出版社をネットワークでつなぎました。

 

まずは、オランダで撮影された写真をもとに説明がありました。

時折、コミュニケーションを取りながらオランダの文化を学びました。

 

 

次に、グリーティングカードの制作です。

オランダで撮影された写真を切り取り、コラージュという手法で作成しました。

 

今回のワークショップでは、横山さん、me to te さん、Studio The Futureさん、布袋座二〇一九さんと多くの方にご尽力いただきました。誠にありがとうございました。

2020年11月19日
  • 小値賀町立小値賀中学校
  • お電話

    お電話